読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高学歴と大手企業と残業

電通社員の過労自殺が話題となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと、大半の人は

 

 

 

 

 

 

 

過労自殺だなんてかわいそう、そう思うだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、かわいそうでもないと私は思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

電通という大手企業、

 

 

 

 

 

 

 

 

電通だけには限らないが、大手企業なんて残業200時間だなんて当たり前だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして何より、日本は働きすぎる国なのだから、別におかしいことでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

新人なのだから、人一倍働いて、這い上がって、そしてやっと上に登れる、それが仕事の意味、やり甲斐なのではないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

自殺した人は東大卒。

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いなく高学歴だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

高望みしすぎたのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

東大だから、東大だから。

 

 

 

 

 

 

 

 

東大を出てても、別に卒業したら関係ない。もちろん社会に入れば関係ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

変に自信を持ちすぎたのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

人間関係が強い心理的ストレス、と言ったって

 

 

 

 

 

 

 

 

社会人になるまではどうしていた?

 

 

 

 

 

 

 

 

社会に入った途端、人間関係がストレス?

 

 

 

 

 

 

 

 

全く良く分からない。

 

 

 

 

 

 

 

 

それを乗り越えるから、人間は逞しいのではないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

少し社会に対して考え方が甘いのだと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

社長が辞任。

 

 

 

 

 

 

 

 

副会長も会見に出たり、大変多忙なことになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

残業を本当に沢山しなければ、日本の社会は成り立たないのだ。それを何故理解していなかったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

高学歴であろうが、そうでなかろうが、社会の中の人間としては同じだ。扱いなんて同じだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

さほど高学歴出ない人たちが過労自殺をしないのに、

 

 

 

 

 

 

 

 

高学歴がしてしまうのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと、自分の能力を高く持ちすぎていつまでも逆の意味で根に持って、社会に対して過ぎた希望を持ちすぎているのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の事件は、電通だけが悪いような言い方をされていて、私自身とても気に食わない。