読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄

疲れた、ただ単に。

 

 

 

何が疲れたとかではないけど。

 

 

 

 

 

 

 

1日から学校が始まって、課題提出も終わり、課題テストも終わり、そして2学期の最初の土曜授業も終わり。

 

 

もう普通の生活に戻った。

 

 

何が変わったかといえば席替えをして景色が変わったことぐらいで。

 

 

 

私は高校1年生の頃、学校が嫌で嫌でストレスだった。

 

その結果精神病と診断され、登校が困難になることが多かったが、

高校2年生の今年は違う。

 

 

なんと、学校が楽しい。

人間として必要とされてる気がする、それを実感出来ることが私のモチベーションになっていると思う。

 

 

去年は、勉強してもできなくて、結局やらずにいたらお前は勉強ができないと言われているような気がして、気持ちが許さなかった。

 

友達はいい人ばかりでみんな大好きだけど、きっと生活や先生への気持ちが向かなかったのだろうと。

 

 

今も勉強ができるわけではないが、

確実に努力できるようになった。

 

 

大学受験も1年半後に迫っているので、

焦るようにもなった。

 

 

もう精神安定剤も必要は無い、極力は必要は無い。

 

なにか小さなことで真正面から受け止めすぎて重荷になり、寝れなくなるという私の性格からの問題は今もなくなることはないが、

 

 

それでも毎日が楽しい。

生きていて心地が良い。

 

 

 

 

だから明日も頑張ろうと思える。

 

 

明日はどんな日かな、って期待できる。

 

 

 

たとえ嫌なことがあっても、

明日からはない、と思って頑張れる。

 

 

 

 

 

 

ああ、何回も自殺したいと思ったけど

行動に移さなくてよかった。

 

 

あそこで命を絶っていたら、

こんなに楽しい毎日がわからなかったんだ。

 

 

 

 

 

精神病は自殺という願望がついてまわるから怖いが、

 

 

でも乗り越えたから

 

 

 

 

 

 

私には楽しむ権利があるんだ。