読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気づいたら1ヶ月も更新してなかった。






ついこの前更新したと思っていたのに、
時の流れの早さは恐ろしいものだ。






この前やったからいいや、

昨日やったからいいや、

明日があるからいいや、



〜だからいいや、が私のほぼを形成してきた。




その結果、これだ。





続けるのが欲しいと始めたのに



早速1ヶ月放置していた。







何たる失態であろうか。










人間って何だろう。




生きるって何だろう。




この世界に存在する全ての目的は何だろう。









答えはない。









「僕は、君のために生まれてきた」



などという台詞をよくドラマや映画などでも聞くが






なぜそう言い切れるんだ、と。









生きる理由も何も




生きることになってしまったんだから、目的なんてあるわけない。













誰か他のものが
お人形遊びのようにこの世界を操ってるかもしれないし




プログラミングのように
私たちが運命と呼んでいることを起こさせるように元から設定してあるのかもしれない






だとしたら…
偶然という言葉は消えて
必然という言葉に変わるのだ、全て。








文化祭を終えた今、





まさに生きる目的もなく、生活してるのが私である。







もうどうにでもなれ、とでも思い始めた。








結局たどり着くところは投げやりだ。








その場しのぎで何とかしてきた人間こそ







こういうことになるのだ。







くだらない。実にくだらない。








けどそんな自分を好いてる自分がどこかにいる。







これだから人間は、よく出来てるというのだ。